読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷える子羊のブログ

辛い時や、苦しい時、暇な時に勧めたいものを紹介します。

【お勧め漫画】サトラレ

もしも、自分の思っていることが周りの人達に聞こえていたら…なんて考えると、もう恥ずかしくて死にたくなりますよね 笑

 

男性は四六時中エロい事を考えてるでしょうし、女性の方達はもっと聞かれたくない事を思っているでしょうし 笑

 

今はSNSで自分の情報を世界に発信する時代ですが、それも自分で良く見せるも、悪く見せるもコントロールして発信してますよね。

 

今日紹介する漫画は、生まれつき自分の思っていることが全て周りの人に聞こえてしまう体質を持つ人達の暮らしを描いた「サトラレ」という漫画を紹介します。

 

f:id:x_z_x:20161004233840j:image 

 

この漫画は親から勧められて読んだ記憶があります。ずっと少年漫画(主にジャンプ)ばかり読んでいた私にとってこの「サトラレ」という漫画はとても新鮮な漫画でした。

 

そもそも「サトラレ」とは冒頭でお話した通り、心の中で思っている事が周りの人に聞こえてしまう体質の人達の事を指します。(フィクション)

 

サトラレ」は数は少ないですが、世界中存在しています。

 

サトラレは思っている事が周りに聞こえてしまう事を自覚できません。世界ではサトラレに自分が「サトラレ」である事がわからないようにしています。それは周りの人が「サトラレの思っていることに反応しない」というたった1つのルールを守っているからです。

 

なぜ、このようなルールがあるかというと、

 

【その1】

サトラレサトラレと自覚すると、死んでしまうから

自分の思ったことが周りの人に聞こえてしまうというのは、自分の体調の事、悪口、エロい事など全て聞こえてしまうのです。それは死にたくなりますよね…

 

【その2】

サトラレは必ず何かに秀でている。天才的な才能を持っている。

サトラレは皆、医療、スポーツ、芸術など、何かに秀でた才能をもっているのです。それは1つの国を動かすほどの天才的才能なので国はサトラレを保護しているという訳です。

 

この漫画では一応きまった主人公はいるのですが、毎回違う人物にスポットが当てられています。科学者、医者、国会議員、子供

 

時代背景はほぼ現代と変わりません。サトラレがいる事以外。

 

一風変わった世界感と、人の深層心理が描かれたヒューマンドラマ作品。気を抜いて読んいると涙がこぼれますのでご注意を(^ω^)

 

私はまだ見てないのですが、映画とドラマかもされいるようです。まずは漫画から是非ご一読をお勧めします(O_O)